私立恵比寿中学「エビクラシー」を聴く。

 元来アイドルジャンルには手を伸ばしていなくて、邦楽ロック→洋楽ロック→Jポップ→ラップ→全般といった流れで社会人に至る。そして音楽なんてほとんど聴かなくなってしまい、せいぜい1曲ずつダウンロードしてひたすらそれしか聴かないなんて状態に陥っていたわけです。

 

 で、学生時代にももクロは聴いていて、単純に音楽聴いて元気でるってこのことだ、みたいな感覚あったな、なんて思い出して。そんならひたすらアイドルでも聴きあさってみようかと放浪しているうちに私立恵比寿中学の「まっすぐ」って曲を聴いてですね、ボロボロ泣いたわけです。弱っていたのか。

 

 そしてひたすら過去曲をあさり続け、「素晴らしい、単純に好きだ」という感想に落ち着いたため、めちゃくちゃ久しぶりにアルバム単位で購入。ものを買う基準は、単純な好きって感情だと、これも久々に思い出した。

 

 感情電車、本当にいい曲だ。

 

感情電車に乗っかって 駆け出してよどんどん行っちゃって
愛情大小詰め込んでってよ そう そう
離しはしないでよ
頑張る上手になりたいね 楽しんだりもっと忘れないで
感情電車は特快で 今もう もう
どこにも止まれない

感情電車に乗っかって
愛情何杯もすくって
楽しむ上手もなりたいね
感情電車は特快で 今もう もう
どこにも止まれないよ

 こんなシンプルだけど背中押される歌詞よ。ハイデガーとかシオランとかドゥルーズニーチェとか、哲学にかぶれて理論づくめになっていた時期もあり、「単純な言葉だけで救われるなんてアホのすることだ」なんてがめついていた自分を殴りたい。単純=すっからかんなわけがない。

 どこにも止まれない、って絶妙なフレーズだ。どこにでもいける的なポジティブさと、どこにもいけない的なネガティブのはざまで、それでも全力を出し続けて生きていくんだぞという。

 

 好きなものを好きと言えるように、ようやくなってきた。

ブルータスの絵画特集を読む。

興味の範囲を広げて、何か楽しいものに突き当たりたい。こういう欲望に「雑誌」って便利だな、と思い久しぶりにブルータスを読む。絵画特集。絵画展とかいっても、さささーと通り過ぎて、早く全部みて脱出しようというスタンスでしか過ごせないので、レベルアップして、この絵はうーむここの色彩とバランスがうんたらとか言えるようになりたい。

 

シャガール「散歩」妻との自画像。多幸感に溢れている、とか説明されているけど、不気味な多幸感。

ヘラルト・テル・ボルフ「二重奏:歌い手とリュートを弾く男」初めてみた。女の人の顔が細くて怖い。リュートってなんだと思い調べる。

リュート: Luteルート[1]: Liutoリウト: Luthルュト: Lauteラウテ)は撥弦楽器の一種で、主に中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられた古楽器群の総称。ひとまとめにしてリュートとも呼ばれるこれらの楽器群には時代や目的によってさまざまな形態のものがある。

 

オーギュスト・ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」名前がかっこいい。人がたくさんいて楽しそう。奥の有象無象がぼやけてて祭りの時の視点に似てる。

 ピエール・ボナール「逆光の裸婦」タイトルの勝ち。裸婦ムチムチ気味。

 ブリューゲル(父)「バベルの塔」モランディ「静物」セザンヌ「サントヴィクトワール山とシャトーノワール

 

と、なんとなく雑誌をめくりながらおもった。自分は絵を見ることは別に好きじゃないけど、その作品名と絵を一致させて覚える、ことは好きらしい。

 

絵の楽しみ方は、観ることだけじゃない。

修学旅行の夜の素晴らしさ

 修学旅行の宿泊先。寝る前の部屋で好きな子誰だとか詮索しあったり、消灯後にうるせーとか言いながらギャーギャーの声がずっと続いてた夜とか、あーもうみんな寝た?とか言い合いながらいつのまにか次の日になっていた、あの無駄な時間を無駄だと絶対に思ってなかった時間が、社会人になってみて、こんな夜にふと思い出して、単純に素晴らしかった!!!!!!と思えてる。

寝相がすごい人になりたい

 寝相が、すごい奇妙な格好になる人が羨ましい。

どういう経緯で、みんなそれぞれの寝相が出来上がっていくのか不思議だ。